<< <名古屋市議会>「市民ともっと対話を」…独自改革で公聴会(毎日新聞) | main | 「太陽の塔の顔」ミステリー 大阪万博40年未だに探索続く(J-CASTニュース) >>

スポンサーサイト

  • 2011.01.19 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


裁判員判決を修正=量刑理由の一部分−裁判官、後日作成の書面で・岡山(時事通信)

 岡山地裁で昨年12月にあった殺人未遂事件の裁判員裁判で、判決が量刑理由で言及した被告の再犯可能性に関連する内容の一部を、裁判官が後日作成した判決書で修正していたことが11日、明らかになった。
 地裁は「個別事件のことは答えられない」としている。法廷で言い渡された判決内容は、裁判員と評議した結果をまとめたもので、修正した経緯が問われそうだ。
 刑事裁判の判決は裁判長が口頭で被告に宣告する。詳細を記載した判決書は後日、裁判官だけで作成し、裁判員は署名しない。
 判決は昨年12月18日で、磯貝祐一裁判長は殺人未遂などの罪に問われた女(43)に懲役5年3月(求刑懲役8年)を言い渡した。
 判決は、量刑理由で「被告が再び同様の犯行に及ぶ可能性は大きい」とした検察側主張について、「量刑上考慮要素にはならないと考える」として退ける言及をした。
 岡山地検の岩崎吉明次席検事は、判決日の記者会見で「再犯可能性を考慮しないのは法律論としておかしい」と批判。地裁にも同様の意見を伝えたという。
 この後、同月25日付で出された判決書では、「再び同様の犯行に及ぶ可能性がないとは言えないものの、それが大きいと言えるかは不明であるから、本件において量刑上考慮できないと考える」と修正されていた。
 岩崎次席検事は「判決書の内容についてはコメントを差し控える」としている。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
「被害感情の過大視」否定=裁判員判決で控訴棄却
取り調べDVD、再生70分=傍聴席は音声のみ
千葉大生殺害、男を追起訴=別の強盗致傷事件で6度目逮捕
裁判員「性犯罪の刑軽すぎ」=未遂罪、求刑通り懲役7年

<公明>民主と修正協議へ 子ども手当て法案など(毎日新聞)
首相動静(3月12日)(時事通信)
未成年女子の飲酒率増加を懸念―アルコールシンポ(医療介護CBニュース)
スカイマーク安全監査へ、高度ミスなど続発(読売新聞)
官房長官に県内反対の意見書=普天間移設で沖縄県議団(時事通信)

スポンサーサイト

  • 2011.01.19 Wednesday
  • -
  • 11:35
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
リンク
競馬情報
債務整理 無料相談
現金化
クレジットカード現金化
サイドビジネス
2ショットチャット
selected entries
archives
recent comment
  • 成人おめでとうございます!
    カナ (08/27)
  • 成人おめでとうございます!
    最近の流行 (05/11)
  • 新年明けました【お年玉】
    志波康之 (01/15)
  • 宮崎の主力級種牛5頭、2・3回目の検査シロ(読売新聞)
    桃医 (01/09)
  • 宮崎の主力級種牛5頭、2・3回目の検査シロ(読売新聞)
    ソルバルウ (01/05)
  • 宮崎の主力級種牛5頭、2・3回目の検査シロ(読売新聞)
    タンやオ (12/31)
  • 宮崎の主力級種牛5頭、2・3回目の検査シロ(読売新聞)
    晶太郎 (12/21)
  • 宮崎の主力級種牛5頭、2・3回目の検査シロ(読売新聞)
    ゴンボ (12/17)
  • 宮崎の主力級種牛5頭、2・3回目の検査シロ(読売新聞)
    パイン (12/12)
  • 宮崎の主力級種牛5頭、2・3回目の検査シロ(読売新聞)
    ヘッド (12/09)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM